ZEH(ゼッチ)への取り組み

ZEH(ゼッチ)(Net Zero Energy House:ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは、
「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

つまり、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により省エネルギーを努めつつ太陽光発電などでエネルギーを創り、1年間で消費するエネルギーがおおむねゼロ以下になる住宅を指します。

ZEH(ゼッチ)を経済産業省では

2020年までに、標準的な新築住宅にすること

2030年までに、新築住宅の平均にすること

を目標に掲げております。

まなぶ建築でもZEH(ゼッチ)の普及拡大に取り組んでまいります。

詳しいZEH(ゼッチ)の情報は経済産業省のwebサイト

http://www.enecho.meti.go.jp/)をご覧下さい。

 

具体的なまなぶ建築が取り組む  ZEH(ゼッチ)普及案

・イベント会場や住宅完成内覧会等のご来場者様へZEH(ゼッチ)のメリットを説明する

・まなぶ建築webサイトにてZEH(ゼッチ)について記載し周知を計る

・住宅設備の省エネ仕様を積極的に取り入れ、お施主様にZEH(ゼッチ)を意識してもらう

 

まなぶ建築のZEH(ゼッチ)の 普及目標

2020年度 70%

2021年度 70%

 

まなぶ建築のZEH (ゼッチ)の 普及実績

2018年度 0%

2019年度 0%